野生のコーヒーとは?

人の手を加えていない森での収穫をフォレスト、刈り入れや草むしりなど一部手を加えている森での収穫をセミフォレストとして、どちらも森林または野生のコーヒーと呼びます。

NPO高麗では、2002年よりエチオピアよりコーヒー生豆を直輸入開始。「アンドロメダエチオピアコーヒー」というブランド名にて、製品化、販売を行い、その収益金でエチオピア南部での浄水事業(後述)などの支援プロジェクトを継続的に行なっています。

余計なものが混ざっていない、エチオピア現地のコーヒー豆を、そのままに日本へお届けします。

PAGE TOP