珈琲の健康効果😍③カフェイン

覚醒効果、美白効果、ダイエット効果など
現代人の要求を満たす。

 野生のカフェインは、科学的にカフェインだけを取りだしたものではないので、他の天然成分とともに体内に吸収されます。従ってむやみやたらと極端に依存したり飲み過ぎない限りは、身体に有害ということはありません。

 カフェインは良く知られている自律神経のはたらきを助ける、集中力を高めるなどのほかにも様々な効果があります。

  例をあげると、皮膚ガンの一つである『基底細胞ガン』の予防に効果があることがわかっています。紫外線で傷付いた細胞を消滅させ、傷を残さないことから、コーヒーを飲まない人よりも皮膚ガンの発症リスクを78%まで下げるという研究結果もあります。

コーヒー内の他の成分との相乗効果。
成分同士は単独で存在しているのではない。

 さらに、②でも記載しましたコーヒーのクロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)が、紫外線によるシミを予防するという研究発表もあります。色素細胞(メラノサイト)が創り出す色素を皮膚に沈着させないように、クロロゲン酸が働きかけます。

 私たちの身体にカフェインとポリフェノールが入ると、まずポリフェノールが活性酸素を中和し、次にカフェインが、酸化による炎症を修復します。このように、複数の成分が異なる標的に働きかけ、同時に体内の悪影響を防ぎます。

 これらは、カフェイン、コーヒーの持つ良い点におけるほんの一例にすぎません。詳述すればきりがないくらいの効果が近年次々と発表されています。

参考:珈琲辞典 holly’s cafe

PAGE TOP