グリーンコーヒー(白いコーヒー)とは?

通常のコーヒーは180度以上の高温で焙煎しますが、グリーンコーヒー(白いコーヒー)は160度程度の低音でじっくり焙煎することで、まったく違った味わいとなります。焦げた状態にならないので、クロロゲン酸などの有効成分が通常より多く含まれます。

豆はもちろん、スペシャリティかつ野生のコーヒー豆であるヤルガッチャフェ、リム、癒しの地キリマンジャロ山のふもとで取れるキリマンジャロゴマタスジを使用。いだきしん先生の焙煎で、さらにかつてない味わい深さと覚醒する感覚を体感できます。

PAGE TOP